シアリス以外のED治療薬との比較

シアリスだけでないED治療薬

勃起不全の治療薬としてシアリスは世界的に有名です。
ですが、日本ではバイアグラの方が知名度が高いかもしれません。
日本で承認済みED治療薬は「シアリス」「レビトラ」「バイアグラ」になります。

勃たない豚はただの豚だ
勃たない豚はただの豚だ

シアリスを含め、これらは医薬品承認されED治療薬として製造、販売が許可されてから10年以上が経過しています。
*バイアグラに至っては1998年に米国で販売開始され約20年
世界中で長く利用され、もし医薬品として「効果なし」「安全性に問題」であれば、危険薬品等に指定されるなど、海外薬品の個人輸入、通販も禁止にされているはずです。

つまり、シアリス、レビトラ、バイアグラ等のED治療薬の安全性や効果を厚生労働省や日本政府が保証しているという事です。

シアリスも含め医薬品として効果、価値がなければ10年以上も販売され、利用され続ける事はないのではないでしょうか。

シアリスとの効果の比較(3ED治療薬)

明らかな差異は「効果継続時間:36時間」がシアリスの特異点ではないでしょうか。
バイアグラの持続時間約4時間で、口コミなどでは食事の影響や服用タイミングなどが面倒なようです。
シアリスについてはこちらもご覧ください(Link)
ですが、シアリスですと効果持続時間が非常に長く、食事の気にする必要がなく、扱いやすくなっています。

シアリスだけでないED治療薬(シアリス、レビトラ、バイアグラ)
シアリス、レビトラ、バイアグラ
シアリス
シアリス
レビトラ
レビトラ
バイアグラ
バイアグラ
効果継続時間36時間4時間(10mg)
8時間(20mg)
*服用量で変化
4時間
効果発現時間
服用後
最短30分最短15分最30分
効果の強さ普通(穏やかな効き目)
*「じわじわ」とした効き目
効果が、副作用も穏やか
強力すごく強力(硬さが定評)
効果の理由勃起不全の原因のPDE5を抑制同左同左
成分名タダラフィルバルデナフィルシルデナフィル
3つの主な比較

それぞれ異なる「成分(名)」ですが似た効能でED症状を改善します。
シアリスの効果に関する詳細な説明は、こちら「シアリスがED(勃起不全)に効果があるのは理由がある」で説明しております。

「シアリス、レビトラ、カマグラ」の効能は少し具体的な説明は、以下のようになります。
男性器の勃起に関係する「cGMPという勃起に必要な酵素」と「PDE5というcGMPを分泌を抑制する酵素」があります。
ED(勃起不全)の方は、この「PDE5」の分泌量、タイミングが問題になります。
*行為の最中に勃起を終了させる「PDE5」が多く分泌される問題が発生する。

気になるデメリットの違い

「効果継続時間」が最大36時間がシアリスの最大の特異点ではないでしょうか。
他のED治療薬では4時間など、効果持続時間が短い。
ですが、シアリスの36時間であると行為のタイミングを気にすることなく服用する事が出来る点でしょう。

それぞれのED治療薬を関単に比較すると以下のようになります。
*シアリスに限っては筋肉痛なども稀に起きるようです。ですが、全体的に副作用発生率は低めです。

シアリス
シアリス
レビトラ
レビトラ
バイアグラ
バイアグラ
副作用顔のほてり
眼の充血
頭痛
動悸
鼻づまり
筋肉痛等の四肢痛
など
*2~3割位の方に症状が現れます。
顔のほてり
眼の充血
頭痛
動悸
鼻づまり

など
*5割位の方に症状が現れます。
顔のほてり
眼の充血
頭痛
動悸
鼻づまり

など
*7割位の方に症状が現れます。
食事の影響受けにくい
食前2時間前の服用が良い
受けにくい
食前60分前の服用が良
*カロリー制限(700kcalまで)
受けやすい
食前60分前の服用が良
気になるデメリット(3つのED治療薬)

ED治療薬の副作用は血流や血圧にも作用するため、副作用も関係ある症状が見て取れます。*現れ方には個人差があるようです。
中でも、シアリスは副作用が起きにくくなっています。反面、穏やかな効果となっています。食事影響は、効果持続時間が36時間と長いので早め服用ならば、食事のタイミングを気にする必要はないでしょう。

レビトラも食事の影響を受けにくいとありますが、カロリー制限があるようですね。
(カップラーメンなども意外とカロリーが高めですので注意が必要です。)

費用感に関する比較

シアリス
シアリス
レビトラ
レビトラ
バイアグラ
バイアグラ
クリニック
平均価格
10mg:1,600円
20mg:1,900円
10mg:1,600円
20mg:2,000円
25mg:1,500円
50mg:1,800円
気になるデメリット(3つのED治療薬)

クリニックで提示されている平均的な価格になります。
大きな差異はありませんが、保険適用外なのでクリニックによって費用は異なります。診察料は不要で薬代が高くなっている等もあるので予め費用感の確認をした方が良いでしょう。
クリニック等では定価はありませんので、シアリスが3,000円/錠などもあったり、シアリス等、自分が欲しい医薬品を選ばしてくれなかったりする所もあるようです。

病院に行くか、個人輸入通販サイトで購入するか?

病院はどの程度「安心を担保」してくれるのでしょうか。
費用はシアリスの海外版やジェネリックを知っている人には割高に感じるでしょう。
安心をとるか、価格をとるかの選択になるかと思います。

クリニックでは一般的には「診察」だけで治療薬を提供してくれます。
安心価格がどの程度の安心も買えるのかも判断材料になるかと思います。
一般的な診断内容:「クリニックでの診察内容は簡単な質問

非常に簡単な診察で、これで「どの程度」安心が買えるかは個人の気持ち次第ですね。

初回は病院で処方してもらい、次回からはEC通販サイトからシアリスを購入するのも経済的ですね。

*最近は新コロナ影響で海外医薬品やジェネリック薬品も割高になっているようです。
安価な国際配送郵便が飛行機本数の激減でなくなっているのが原因のようです。

シアリス 通販(個人輸入)でED治療を!